検索
  • yuukisuzuki1011

自己紹介②

まず大学時代の話です。

大学1〜2年生の時は普通の大学生でした。ミスタードーナツやスポーツオーソリティなどでアルバイトして、たくさん遊んで、飲み会をして、ボーリングをして…の毎日でした!


大学3年生になると、『このままじゃまずい!』と将来の自分にこれで良いのかと思うようになり、危機感が出てきました。

その危機感から、少しずつトレーナー活動をしたり地域の勉強会に積極的に参加することにしました。


トレーナー活動は、鈴鹿高校サッカー部や鈴鹿クラブ(社会人県リーグサッカーチーム)、三重県主催のマラソン大会に参加しました。

右も左も分からない初めてのトレーナー活動で、ガムシャラに活動し多くのことを学ばさせて頂きました!


また、ガムシャラに勉強してる時にある一冊の本に出会いました。


『スポーツ鍼灸の実際』という本です。



この本をとにかく全てのページを暗記するぐらい繰り返し読み勉強しました!

沢山読んでいるうちに、この本の著者にお会いしたくなり、連絡を取り実際に会いに行かせて頂きました。


この先生のもとで勉強したいとさらに強く思うようになりました。


さらにこの先生が属する筑波大学は、プロサッカーJリーグとのネットワークがあることを知っておりました。


この先生のもとで、

①スポーツ鍼灸の勉強をしたい

②Jリーグでトレーナーとして働きたい

という二つの思いを胸に、筑波大学大学院に進学しました。


本来、大学院は研究する場所として認知されておりますが、私は異なりました(笑)。


次回は大学院時代の話をブログで書きたいと思います。

お楽しみにー。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示